第二回セミナーを開催しました

協議会では、「スポーツ×デザイン」の考え方を活動に取り入れることにより、スポーツを一層楽しめる環境を作りたいと考え、諏訪サイクルプロジェクトの堀内智樹代表をお迎えして第2回セミナーを開催しました。


会場は三島市の楽寿園内にある旧小松宮別邸の梅御殿。大きな和室で座布団を引いて聴講しました。


諏訪サイクルプロジェクトは自転車を通じて諏訪圏の活性化に寄与し、自転車を中心とした「まちづくり」を提唱することで、健康的で、環境にやさしく、安全な自転車先進国「スワ」を作り上げるために活動しています。


クラフト系のクリエイターが空き店舗で活動する商店街として全国的に有名な下諏訪町御田町で「御田町サイクルステーション」を設置。木製フレーム自転車「木龍(もっくる)」や段ボールキックバイク、スワンアスロン大会などユニークでデザイン性に富む活動を行っています。


セミナーでは、諏訪サイクルプロジェクトの活動や地域ならではの課題、諏訪地域と富士山・伊豆地域の連携などを考えていきました。

御田町サイクルステーション

店舗の中の様子